新婚旅行に限らず旅行をした場合、思い出をちょっとしたお土産に託して親しい人たちに渡したいものですね。
海外旅行の場合には、飛行機に持ち込める重量には限度があるのでお土産の選び方も大切です。
重くなくかさばらないもので、旅行先の香りを伝えられる品物を選びたいものです。

ギリシャのお土産としてお勧めは?

まずギリシャには色々なドライフルーツがあります。
プルーン・アプリコットなど、ギリシャの灼熱の太陽を存分に吸収した味は濃厚です。
軽くてかさばらないので良いのではないでしょうか。

あと、バージンオイルもお勧めですよ。
ギリシャではオリーブオイルにバルサミコ酢を加えたドレッシングが人気です。
なかでも通常のエキストラバージンよりワンランク上のイオニアのエキストラバージンオイルはどうでしょうか。
酸度が低く、フルーティでまろやかな風味は最高です。

また、ワインもお勧めですが、重いので要注意です。
中でもカトウリ白ワインが良いですよ。
ギリシャ特有のぶどう品種である、シャトルドネとロディティスを用いています。
個性豊かな味わいで、すっきりとキレのある辛口です。

赤ワインは、というと、イミグリコスがお勧めです。
ほんのり甘くて、優しい味わいがする赤ワインです。
渋みが少なく滑らかなのどごしを楽しめます。
アルコール度もやや低めでスムーズな口当たりです。

ギリシャの首都はアテネです。
アテネは政治だけではなく、文化の中心でもあります。
ギリシャへ行ったらまずアテネ観光をするのではないでしょうか。


・アクロポリスの丘
アクロポリスの丘の上に立つパルテノン神殿が有名です。
アテネの象徴とも言えます。

パルテノン神殿は、何と紀元前438年に完工しています。
今から2,400年以上前ですね。
ギリシア神話の女神であるアテーナーを祀っています。
その発掘現場から出土した文化財は、新アクロポリス博物館に展示されています。
ギリシャ神話を読んでから行きたいですね。


・古代オリンピックスタジアム
今のオリンピックは近代オリンピックです。
それ以前にギリシャで行われていたのが古代オリンピックです。
古代オリンピックは、紀元前9世紀ころだそうです。
3千年くらい前ですね。
その古代オリンピックの競技場が、古代オリンピックスタジアムで、アテネオリンピックのマラソンゴールにもなりました。

・リカピトスの丘
リカピトスの丘はアテネの街を一望できる丘で標高273mです。
丘の頂上には19世紀に建てられた建物がいくつかあります。
頂上まではケーブルカーで行けます。

・アテネ国立考古学博物館
ギリシアの古代遺跡から集められた色々なものを収蔵しています。
古代ギリシャ美術に関する世界でも有数の博物館です。
約200年前に造られています。

ギリシャと言えば、太陽と青い海、そして歴史でしょうか。
新婚旅行先としては昔から人気があります。
普段はなかなか行けませんしね。

ギリシャという名前は頻繁に耳にしますが、意外と基本的なことを知られていないような気がします。
ギリシャはヨーロッパとアフリカとアジアの境にあります。
隣の国は、トルコ・イタリア・エジプトですね。

ギリシャの基本情報 その1


・日本との時差
日本から見るとマイナス7時間です。
つまり日本でお昼の12時だと、ギリシャでは早朝の5時です。
ただしギリシャでは3月末から10月末まではサマータイムとなります。
サマータイムではになりますので、日本よりも6時間マイナスになります。

ギリシャの気候
ギリシャは地中海性気候に属します。
夏と冬ではだいぶ状況が違います。
夏(5月から9月まで)は高温です。
しかし湿度が低いので日本とは違ってカラッしています。
夏の間は、めったに雨は降りません。
じめじめしていないので、逆に乾燥のために唇などが荒れやすいかもしれません。
日差しは強いのでサングラスと日焼け止めは必須です。

冬は、イメージよりはかなり寒いです。
雪も降りますし雨が多いのが特徴です。
雨具を忘れずに用意してください。
昼夜の寒暖の差から体調を崩しやすいので、要注意です。

↑このページのトップヘ